川津祐介かわず ゆうすけ

川津祐介

慶應義塾大学在学中の1958年、映画監督・木下惠介の推薦を受けて『この天の虹』(松竹)でスクリーンデビュー。以後青春スターとして人気を得る。松竹退社後はフリーとなり、松竹青春路線とは異なる様々な役柄を演じる。主な出演作は、デビュー作のほかに木下惠介監督『風花』『惜春鳥』、大島渚監督『青春残酷物語』、三隅研次監督『剣』、鈴木清順監督『けんかえれじい』、増村保造監督『赤い天使』など。1965年からはTVドラマ「ザ・ガードマン」、「Gメン’75」、「スパイキャッチャーJ3」、「ワイルド7」など、アクションスターとしても人気を集めた。