原知佐子はら ちさこ

原知佐子

同志社大学在学中に新東宝の新人オーディションに合格し、1956年にデビュー。1959年に東宝へ移籍。実力派女優として数多くの映画、TVドラマに出演し、特に1970年代の山口百恵主演TVドラマ「赤いシリーズ」でのイビリ役が強烈な印象を残す。主な出演作は、堀川弘通監督『黒い画集 あるサラリーマンの証言』、田中絹代監督『女ばかりの夜』、篠田正浩監督『乾いた花』、浜野佐知監督『百合祭』など。夫である実相寺昭雄監督の作品の常連出演者でもあった。