作品紹介

作品紹介

現役介護士が“認知症のきらめき”をすくい上げた渾身の長編デビュー作

現役の介護士である谷口未央が、自らの経験から書き上げたシナリオが、2013年、伊参スタジオ映画祭(群馬県中之条町)のシナリオ大賞を受賞。翌年、女性監督・谷口未央の長編映画デビュー作『彦とベガ』として完成しました。現代日本の大きな問題となっている老人介護、認知症。本作は、それらを決して悲観的に描くのではなく、老いの先にある“生”に目を向け、“認知症のきらめき”を丁寧にすくい上げています。老夫婦に対して常に優しい眼差しを向けながら、老人介護、認知症の現実を俯瞰的に見据えた描写は、実際にその苦悩に寄り添ってきた介護士だからこそと言えるでしょう。全国各地の映画祭で、「他人事ではない」「切なくて涙があふれた」「人の美しさを感じた」と高い評価を受け、2015年のあいち国際女性映画祭では、フィルム・コンペティション長編フィルム部門のグランプリに当たる《金のコノハズク賞》を受賞。これからが大いに期待される女性監督の誕生となりました。

主人公・比古朝雄を演じるのは、大島渚監督『青春残酷物語』や鈴木清順監督『けんかえれじい』など、日本映画史に残る名作に数多く出演する川津祐介。認知症の妻・ことを演じるのは、篠田正浩監督『乾いた花』TVドラマ「赤いシリーズ」などに出演し、近年も着実に女優活動を続ける原知佐子。さらに、これからが期待される若手俳優たちが好演。大ベテランと若手の競演も見どころとなっています。

川津祐介原知佐子

柳谷一成松竹史桜
竹下かおり酒井麻吏
香取剛小野田唯吉田仁人

監督・脚本谷口未央

撮影:佐藤遊 / 照明:徳永陽平 / 録音:中川究矢 / 音楽:内藤晃 / 衣裳・ヘアメイク:平林純子 / 装飾:田中雄太 / 助監督:石井将 / 制作:阿部史嗣、畑中大輔 / 演出助手:今井暖菜、丹羽真結子、増田朋弥 / ヘアメイク助手:佐藤愛 / 整音:宋晋瑞 / MA:南裕貴弥 / MAアシスタント:高田義紀 / 合成:福田浩介 / 題字:川津祐介 / ロゴデザイン:荒木みほ / スチール:タケウチヒロミ / 宣伝美術:山本アマネ / 製作協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会、株式会社ここから、ウイーザス会、認知症きらきらネット事務局(メディカル・ケア・サービス株式会社)、千澤昭彦、鈴木明雄 / 制作協力・配給:ニューシネマワークショップ

2014年 / 日本 / 64分 / ビスタ / カラー / デジタル

受賞歴

あいち国際女性映画祭2015 フィルム・コンペティション 長編フィルム部門 グランプリ《金のコノハズク賞》受賞
福岡インディペンデント映画祭2015 90分ムービー部門 グランプリ / 俳優賞(柳谷一成)受賞
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2013 中編の部大賞 受賞